愛媛県松山市 葬儀社|想心季せとまる|愛媛県松山市の葬儀・葬式全般承ります。

ご葬儀の豆知識

HOME » ご葬儀の豆知識

臨終直後・通夜・葬儀でのあいさつの例

臨終直後の死去のお知らせや通夜の当日、葬儀・告別式当日での挨拶の例を紹介いたします。

詳しくはこちらをご覧ください

通夜・葬儀時の服装について

お通夜は基本的に地味な平服と言われていますが、最近は喪服に近い服装が増えているようです。迷うようであれば喪服が無難です。

お包みについて

不祝儀袋について

葬儀用の不祝葬儀は黒白、黒銀、銀色などの結び切り、またはあわじ結びのものを使用します。
表書きは下記を参考にしてください。※宗教によって異なります。

御悔

通夜見舞いの表書き − 御悔(おくやみ)
通夜見舞いとして金品を持参する時は、黒白、黒銀、銀色などの不祝儀袋を使用します。
※葬儀に出席しないときは「御香典」と書きます。

どの宗教の葬儀でも使用できる表書き − 御霊前(ごれいぜん)
黒白、黒銀、銀色の水引で模様のない不祝儀袋

仏式葬儀の表書き − 御香典(おこうでん)
黒白、黒銀、銀色の水引で、無地のものや蓮の模様のものを使用します。

神式葬儀の表書き − 御神前(ごしんぜん)
黒白、黒銀、銀色の水引で無地のものを使用します。

キリスト式葬儀の表書き − 御花料(おはなりょう)
キリスト教式用の封筒も市販されているものを使用しましょう。
黒白の不祝儀袋を使う場合、蓮の花のないもを使用します。

お包みの持参の方法と差し上げ方

お包みはふくさに包んで持参します。
ふくさの色は黒、紫、グレーなどのふくさを使用します。

お香典の差し上げ方
ふくさを体の前に取り出し、ふくさをあけます。
込み合っているときは先に取り出しふくさの上において準備しておくとよいでしょう。
受付の際は、「この度はご愁傷さまでした」などとお悔やみの言葉を添えます。
ふくさを手早くたたみ、ふくさを盆のかわりにして香典を右手で差し出します。
差し出すときも「ご霊前にお供えくださいませ」などと少し言葉を添えます。
お包みの金額の目安

お包みは日頃のお付き合いや過去に頂いた金額とのバランスを考えて決めます。
親の葬儀の場合は葬儀費用の分担などによって相談する場合もあります。

父母の葬儀の場合の目安 5万円・3万円
兄弟姉妹の葬儀の場合の目安 3万円・5万円
叔父叔母の場合の目安 1万円・3万円
祖父母の葬儀のお包みの目安 1万円・3万円
その他親戚の葬儀の場合の目安 1万円・5千円
一般葬儀の場合のお包みの目安 3千円・5千円

お香典には新札は用いません。
突然のことで用意してしていなかったという意味です。
しかし清浄なものを贈るという考えもあります。
あまり汚いお札は避けて、新札の場合は折り目を付けることで、両者の心遣いを表すこともあります。

このページのTOPへ