愛媛県松山市 葬儀社|想心季せとまる|愛媛県松山市の葬儀・葬式全般承ります。

ご葬儀の流れ

HOME » ご葬儀の流れ » 繰上げ法要・精進落とし

繰上げ法要・精進落とし

後飾り

四十九日の忌明けまで、遺骨、位牌、遺影を安置する祭壇が「後飾り」の祭壇という。

初七日法要

遺骨が自宅に戻り、後飾りの祭壇に安置した後に営まれるのが初七日法要です。
ご遺骨、遺影、位牌を祭壇に安置して、僧侶に読経をしていただきます。

本来は亡くなった日から数えて七日目に営むのが本来ですが、現代社会では多忙な方が増えていることと、 親戚が遠隔地にも多くなったため、最近では初七日の法要を繰り上げ、還骨法要と併せて斎場で行うことが多くなりました。

精進落とし

初七日法要終了後、遺族・親族、そして葬儀や告別式を手伝ってくれた方々に遺族側が感謝の気持ちを表す意味で会食を開きます。
会食前に喪主が挨拶し、会食中は喪主と遺族が接待を務めます。
宴終了後、出席者に引物をお渡しします。

席順は、僧侶や世話役が上座に座り遺族は末席に座ります。

 

すぐにお電話ください 24時間365日対応。もしもの時のご相談は0120-149-491

このページのTOPへ