愛媛県松山市 葬儀社|想心季せとまる|愛媛県松山市の葬儀・葬式全般承ります。

ご葬儀の流れ

HOME » ご葬儀の流れ » 葬儀・告別式当日

葬儀・告別式当日

納棺〜遺族・親族着席
納棺

遺体を棺に納めることを納棺といいます。
ご遺体を整え、衣装を着せて納めます。

納棺の際には故人の好きだったものや愛用品などの副葬品を入れます。
ただし、ガラス製品など入れてはいけないものもあります。
お近くのスタッフにご確認してください。

受付開始

通夜式同様、始まる30分前には受付を開始します。

僧侶お迎え

僧侶が式場へ着いたら出迎えてあいさつをします。

遺族・親族着席

遺族は一般的には祭壇に向かって右側に座ります。
左側には友人・知人が座ります。
場合によっては、祭壇に近い方から、遺族、親戚、世話役、一般参列者の順で座ります。

僧侶入場〜お別れ・釘打ち
僧侶入場

参列者が着席したら僧侶を迎えます。
僧侶が入場するときには、参列者一同は起立するか一礼します。

開式の辞

司会者が開式を宣言します。

読経

故人の冥福と成仏を願って僧侶により、読経が行われます。
時間は30分程です。

弔辞

弔辞を読んでいただきます。 弔辞は通常、予め依頼した人に読んでいただきます。

弔電がある場合は、文章と名前を読み上げます。
弔電多い場合は、全文を紹介するのは数通のみにして、残りは名前だけを読み上げます。

焼香

僧侶が焼香したあと、僧侶(または司会者)の合図により、続いて喪主、遺族、近親者、一般参列者の順に焼香をします。
喪主は、焼香者の黙礼に対して黙礼で応対します。

僧侶退場・閉会

焼香が終わると、僧侶は退席しますので、参列者とともに一礼して送ります。
司会者の閉式の辞で式は終了となります。

遺族代表挨拶

遺族の代表が御礼の挨拶を述べます。

お別れ・釘打ち

棺を祭壇から下ろして、遺族が故人と最後の別れをします。
その際、祭壇の生花で遺体のまわりを飾ります。
故人の愛用品や枕団子と枕飯を棺に納めた後、棺に釘が打たれます。

出棺・火葬・骨上げ
出棺・火葬場へ

遺族、友人ら主に男性で棺を霊柩車に運びます。
喪主は位牌を持ち、喪主に次ぐ人は遺影を持ち、棺を先導します。
霊柩車にのせたら、火葬場へ向かいます。

火葬

火葬場に到着したら、係りの人に火葬許可証を渡します。
棺を霊柩車から降ろし、炉の前に安置すます。
炉の前に祭壇用の小机がありますので、位牌と遺影を飾ります。
僧侶の読経、焼香に続き、喪主から故人と血縁の深い順に焼香、合唱、礼拝すます。

休憩・食事

火葬は時間がかかりますので、この間に食事や休憩をとります。

骨上げ

火葬がすんだら、竹の箸を使って遺骨を骨壷に入れます。
その際、二人一組でそれぞれが箸を持ちひとつのお骨を一緒にはさんで骨壷に納めます。
拾い上げる順番は、故人と関係が深い順に行います。
骨上げが終わると、係員が骨壷を白木の箱に入れ、白布で包んでくれます。
このときに箱の中に埋葬許可証(骨壷に納める)を一緒にに入れます。
遺骨は喪主が両手で抱えて持ち、喪主につづく遺族が位 牌と遺影を持って、帰宅します。

 

すぐにお電話ください 24時間365日対応。もしもの時のご相談は0120-149-491

このページのTOPへ