愛媛県松山市 葬儀社|想心季せとまる|愛媛県松山市の葬儀・葬式全般承ります。

ご葬儀の流れ

HOME » ご葬儀の流れ » 通夜・葬儀の打合せ

通夜・葬儀の打合せ

喪主・通夜・葬儀の内容の決定

喪主は遺族の代表として葬儀を主催し、皆様からの弔問等を受けます。

ご遺族で相談決定しますが、一般的には世帯主、世帯主がお亡くなりになった場合はその配偶者または子供が多いようです。 娘婿・甥・姪が喪主を努める場合もあります。

葬儀内容・費用の決定

ご遺族様からこの葬儀に対する想などで決めていただきます。
弊社でもご提案をいたします。

通夜の準備
死装束

仏教系の場合は巡礼者の姿になぞられた衣装に着替え、西方浄土に旅立つ姿をとります。
キリスト教系の場合は遺族の心づくしの晴れ着を着せます。男性はスーツ姿が多いようです。
無宗教の場合は、または故人が生前気に入っていた服や、記念に着た服などを着用する場合が多いようです。

湯灌(ゆかん)の儀式

湯灌の儀式には、亡くなられた方がこの世の汚れを洗い清めるという意味と、この世の仕事を終えお疲れ様でしたという意味があります。
そういった気持ちを込めて行うようにします。
新たにこの世に産まれたとき産湯につかるようにという意味合いもあります。

 

すぐにお電話ください 24時間365日対応。もしもの時のご相談は0120-149-491

このページのTOPへ